お問い合わせ:
office@hamakan-net.com

【設立趣旨】

マンションは都市型の居住形態として一般化しており、横浜市内のマンション戸数は約30万戸超に及びます。横浜市では住宅政策の柱の一つとして、これらのマンションのストックを良好に維持管理することが重要と考え、様々な政策を具体化しています。その一つに、管理組合相互の情報交換及び行政が施策を展開するための管理組合側の受入れ体制の確立などによる管理向上のための方策があり、管理組合によるネットワーク活動の重要性が提起されています。平成7年6月、管理組合による自主的なネットワークとして、横浜マンション管理組合ネットワーク(略称「浜管ネット」)がスタートし、平成11年10月、特定非営利活動法人(NPO)として神奈川県より認証を受けました。

【事業内容】

1.適正な管理運営のための指導、相談、支援
2.建物・設備の適正な維持保全、改善のための指導、相談、支援
3.管理運営についての経験交流、情報交換、資料の提供
4.セミナー、シンポジュウム、見学会、各相談会、展示会等の実施と協力
5.管理運営、維持保全、生活向上のための調査・研究
6.情報誌、関係資料の刊行
7.行政機関はじめ関連諸機関との連携、提言、協働
8.その他目的達成のために必要な事業

【組織】

「浜管ネット」は、管理組合相互の情報交換を目的としているため、正会員は市内のマンション管理組合、その連合組織及び個人となっています。また、ネットワークをサポートする建築・設備などの専門家及び企業が賛助会員として参加しています。平成28年11月現在の正会員数は110管理組合26,466戸となっています。ネットワーク組織としては理事会、事務局のほか、建築家等の専門家グループである「技術者部会」、マンション管理士や管理組合役員経験者が担当している「管理運営部会」、及び建築・設備・管理等の「専門業部会」が、良好なマンション管理に向けた調査・研究・セミナー、建物保全計画・管理運営・各種工事等の支援活動を行っています。

【主な活動】

浜管ネットは貴方へ情報を提供します。マンション生活に不安はありませんか。集合住宅の代表的な形態である「マンション」は定住、永住の住宅になってきました。貴方の大切な住まいであり財産であるマンションに、末永く住みつづけられるように知恵をだしあって行くための組織が浜管ネットです。マンションは区分所有者全員で協力して良好な状態を維持していかなければなりません。その為に管理組合があります。区分所有者の貴方はいつか管理組合の仕事にたずさわる時が来るのです。浜管ネットでは相談会、新任役員研修会や各種セミナー等を通して管理組合の運営を支援しています。研修会や各種セミナーには、貴方の管理組合が入会していれば役員でなくても参加することが出来ます。どうぞ機会を活かして貴方自身のマンションに関する知識・情報を豊かにして下さい。まだ入会されていない方は管理組合に入会を働きかけて浜管ネットへ参加しましょう。浜管ネットでは次のような活動をしています。
1.定期相談会
(毎週土曜日PM1時~4時 ハウスクエア横浜3階 浜管ネット事務局)
2.現地管理相談・技術相談 
(現地で行う管理運営・建物修繕計画などの相談)
3.建物簡易診断
(半日程度で行う建物の劣化状況などの調査診断)
4.顧問業務
(管理運営に関する諸問題についての助言、指導など)
5.受託業務
(管理規約等作成・見直し、役員派遣、建物診断、長期修繕計画作成、小規模マンションの大規模修繕に関わる設計・工事の監修など)
6.工事見学会 
(大規模修繕、給排水電気設備改修など)
7.研修会 
(法規、修繕工事、管理組合運営、新任役員向けなど)
8.行政との連携
(横浜市まちづくり調整局との情報交換・各種支援活動への協力など)
9.各種団体との連携
(全管連、神管ネット及び県内管理組合団体、マンション管理士会、日本マンション学会ほか)
10.その他
マンション管理運営、維持保全、生活向上などを目指した活動